2018年千歳基地航空祭で(圧巻)ブルーインパルスの曲芸飛行!

1 2018年千歳基地航空祭が開催されました

7月22日(日)AM9:00から航空自衛隊千歳基地内で航空祭が開催され、友人と一緒に行ってきました。

今回の航空祭ではボーイング747-400(通称:ジャンボ機)の日の丸の付いた政府専用機が2機きましたが、2018年度で退役するとのことで、航空祭への参加はこれが最後の予定とのことでした。

当日はあいにくの分厚い曇り空で、デモフライトも心配されましたが、午後からのブルーインパルスの時には晴れて最高の転機となりました。

また、午前中に予定されていた室屋義秀(むろや・よしひで)さんのエアロバティックス(曲芸飛行)もブルーインパルス終了後に見せていただきましたので、大満足の一日となりました。

ちょっと残念だったのがF-15(イーグル)の飛行がほんのちょっとしか見れなかったのが、午前中は天候が悪かったのが原因だと思います。

2 F-15(イーグルス)の爆音

 

3 政府専用機が二機

 

4 真打ちのブルーインパルス

 

 

 

 

 

5 凄技の室屋さんの曲芸飛行

室屋義秀さんは、レッドブル・エアーレース・パイロットとエアロバティック・パイロットの肩書をもっており、「レッドブル・エアーレース・ワールドチャンピオンシップ」にアジア人初のパイロットとして2009年から参戦してます。

2016年には千葉大会で初優勝し、2017年シリーズでは全8戦中4大会を制してアジア人初の年間総合優勝を果たした方です。

また、国内ではエアロバティックス(曲芸飛行)の啓蒙の一環として、全国各地でエアーショーを実施しており、世界中から得たノウハウを生かして安全推進活動にも精力的に取り組んでいるそうです。

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる