AIによる今日の日経平均予想(10/2)

◼ NYマーケット
NYの株価終値を確認します。ダウは3日続伸192ドル高の2万6,651ドルナスダックは3日ぶりに反落9ポイント下落の8,037。S&P500は反発、10ポイントプラスの2,924でした。アメリカ時間の9月30日夜、期限ぎりぎりで合意に達したアメリカ、カナダ、メキシコの新たな貿易協定を好感する展開でした。原油価格の上昇に伴うエネルギー関連株への買いも手伝ってダウは一時250ドル以上上昇する場面もありましたが、投資判断が引き下げられたインテルなどが重しとなりやや下げ幅を縮小しました。

セクター別騰落率は、エネルギーのほか、素材、資本財といった貿易問題の影響を受けやすいセクターが上位です。一方、不動産、公益などが下げました。 

目次

1 AIの今日の日経平均予想

区分内容
AIの日経平均予想【予想レンジ】
24,227円~24,442円
現物【日経/前日の終値】
24,245.76円(+125.72)
先物【シカゴ/日経(CME)】
24,420円
【大阪/日経(夜間)】
24,390円

Echoって何?Echo(エコー)は、音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです。「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセット、Kindle本の読み上げなど簡単に音声操作 できます。一度試してみては!また、2017年11月に発売された「エコー」は、当時、スマホのアプリに相当する「スキル」の数が265種類だったが、6月22日時点で約3.8倍の1,ooo種類に達し、国内で販売するAIスピーカーでは最多となりました。

2 専門家の注目ポイント

区分内容
今日のドル/円の見通し予想レンジ:113.00円~114.75円
注目ポイント:「アメリカの利上げ余地」
FOMCの中心メンバーは2019年に3回の利上げを行うことを想定しているが、そうであれば1ドル=120円というシナリオも計算できる。2018年中は難しいが早ければ2019年前半にもありえると考えられるとの見方を示しました。
(野村証券の池田雄之輔氏 )
今日の日本株の見通し予想レンジ:24,200円~24,440円
注目ポイント:「マザース指数」
ダウの上昇と円安が好材料となり、引き続き大型株への物色が続きやすい環境とみられる。ただ、大型株物色はいったん一巡すると考えられる。上値は上昇しても2万4,500円程度と予想される。日経平均は年初から6.5%上昇している一方で、マザーズ指数は海外投資家や個人の見切り売りなどもあり年初から-12.7%と大幅にマイナスとなっている。しかし、長期のトレンドラインを安値にして反発しており、10月以降はマザーズ投資が増加するとみられるとの見方を示しました。
(DZHフィナンシャルリサーチの東野幸利氏 )

 

 

3 世界の株価、為替等

世界の 株価、為替、金、原油、ADR株価情報などは、次のサイトがお勧めです。

ch225世界の株価リアルタイムチャート

4 関連リンク

■ 有望銘柄の発掘、株価ニュース、決算、テーマや企業情報などが満載なサイト「株探」はこちら

■ 投資やマネーの総合情報サイト「Yahoo!ファイナンス」はこちら

■ 季紙版の会社四季報よりも先取りの情報が配信される 会社四季報ONLINEはこちら

■ 株式投資に必須の情報源である日経新聞電子版はこちら

■ 無料で閲覧できる情報が豊富なトレーダーズ・ウェブはこちら

■ 基本的な指標が確認できる日経225先物リアルタイムCME SGXはこちら

■ 株関連のニュースチェックに便利な株式新聞Web無料版はこちら

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる