ANA株主優待券を「つなぎ売り」で賢くゲットしてSFC修行に活用しよう!

1 3月と9月は「ANA優株主優待券」権の権利確定月です。

SFC修行の準備の一つとして「ANA株主優待券」を保有しておくことも重要です。

ANA株主優待券は、3月と9月に権利確定ができますが、私も利用しているSBI証券では3月6日から「つなぎ売り」ができます。

せっかく優待を貰ったのに、株価が下落してしまい、結果、損してしまったなんてこともありますよね。

株主優待を低リスクで獲得できる株主優待の基本テクニックの「つなぎ売り」で株主優待を受取りつつ、価格変動リスクをしっかり軽減しましょう。

■ 3/6にANA400株「つなぎ売り」で注文しました。

2 「つなぎ売り」の具体的なやり方

つなぎ売りのポイントは、「成行き」注文で、同じ金額の「現物買い」と「信用売り」の注文を出すことですが、例えば、現物取引でANA株を100万円で買って、信用取引で100万円で売れば、損益は0円となって、株価が変動しても現物買いと信用売りの損益で相殺されるので、株価の変動リスクを負わなくても済みます。

「つなぎ売り」は「クロス取引」とも言われています。昨年9月の株主優待権利確定の時に具体的な手法を解説してあります。

あわせて読みたい
ANAの株主優待はクロス取引で確保! 1 株主優待のクロス取引とは 株主優待を利用されている方も多いと思いますが、せっかく優待を貰ったのに、株価が下落してしまい、結果、損してしまったなんてこともある...

3 一般信用取引短期(15営業日)売りとは

「現物買い」と、同じ銘柄を「信用新規売り」することによって、現物株の株価下落リスクを抑えながら、株主優待を手に入れることができます!信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」があります。

制度信用取引の空売りができる銘柄(貸借銘柄)は、逆日歩が発生した場合、優待価値以上のコストの支払いが生じてしまうこともありますが、SBI証券の一般信用取引なら、返済期限が短期(15営業日)の空売りで逆日歩は発生しないので、コストが増大する心配をせずに、株主優待を狙うことができます!

メモ

「逆日歩」とは、信用取引による売建が多くなると、証券金融会社(証券会社が株や資金を調達する会社)において株式が不足し、証券金融会社は証券会社や機関投資家等から不足した株式調達しなければいけません。
その時に発生した費用が品貸料(逆日歩)となります。

 

■ 2019年3月つなぎ売りカレンダー

 

■ ANAホールディングスの優待内容(株主優待番号ご案内書)

優待内容名優待獲得株数
備     考
株主優待番号ご案内書1枚
(以下100株ごとに1枚増)
100株以上※国内営業路線を片道1区間株主優待割引運賃で利用可
※一部の便で販売座席数に制限有
4枚
(以下200株ごとに1枚増)
400株以上
7枚
(以下400株ごとに1枚増)
1,000株以上
254枚
(以下800株ごとに1枚増)
10万株以上
自社グループ優待券1冊100株以上※1冊に以下(1)~(6)の優待券
(1)IHG・ANA・ホテルズグループジャパン(「インターコンチネンタル」・「ANAクラウンプラザホテル」・「ホリデイ・イン」・「ホリデイ・イン リゾート」・「ANAホテル」):宿泊(ベストフレキシブル料金の室料のみ20%割引)6枚、飲食(10%割引)5枚、婚礼(10%割引)1枚、会議・一般宴会(15%割引)3枚
※一部適用除外ホテル有
(2)「ANAスカイホリデー」(国内ツアー)・「ANAハローツアー」(海外ツアー)・「ANAワンダーアース」(海外ツアー)7%割引券計6枚
(3)ゴルフ場(「武蔵の杜カントリークラブ」)ビジター料金割引券4枚
(4)ゴルフ場(「早来カントリー倶楽部」)ビジター料金割引券3枚
(5)空港売店(「ANA FESTA」他)10%割引券5枚
(6)自社指定商品の優待価格販売
<有効期間・発行時期>
3月株主:6月~11月末(5月末発行)
9月株主:12月~翌年5月末(11月末発行)

4 一般信用短期売り2019年カレンダー(SBI証券)

5 SFC修行にはプレミアム株主優待割引運賃も選択肢

ANA株主優待券のSFC修行での活用については、「2019年SFC修行の準備はまだ間に合う!」にも紹介しております。

あわせて読みたい
2019年SFC修行の準備はまだ間に合う! SFC修行の1年は長いようであっという間に時間は過ぎていきます。今回追録で「世界一周航空券でのSFC修行」の記事を加筆しました。 SFC修行の最も理想的な究極の方法では...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる